医療専門学校に進学して医療を学ぼう


このページは医療の専門学校に進学して学びたい人に向けて書かれています。

何を学べるのか/どのような仕事につけるのかなどということについて書いていきます。

041639

◎医療の専門学校ではどのようなことを学べるのか

一般的に医療に関しては大学や短大で学ぶことが多いですが、もちろん専門学校でも医療に関するいろいろな分野を学ぶことができます。

専門学校なので医療に従事するための資格を取得するための勉強と考えてもいいでしょう。

医者/看護師/薬剤師以外にも医療に携わる仕事はたくさんあります。

まずはどのような資格があるのかを書いていこうと思います。

◎医療に従事する仕事いろいろ

医療という行為はもちろん医者を中心に行われるわけですが、医者だけがいれば全ての患者さんを治療できるということはありません。

ケガや病気の診断/治療後にリハビリを受けなければならないことも多いです。

そのような場合にさまざまな医療者が患者さんに携わります。

理学療法士や作業療法士はその典型といえ患者さんとともにリハビリを進める重要な役割を担っています。

これらの職業の人がチームのように活動することで、患者さんのリハビリを根気よく進ませる事が出来て社会復帰を近づけます。

こういったリハビリ行為を行うためには国家資格が必要であり、その受験資格として国から認められている専門学校の修了証(及び見込み)が必須になります。

◎医療専門学校と地域

一般的に医療の専門学校は地域密着型になって運営されている事が多いです。

単純な話では地元の高校を卒業して医療の専門学校に入学し、地元の企業で研修などを受けつつ就職するという流れです。

特に医療系の専門学校は震災などの大きな被害があるときに地元とのつながりが試されます。

大きな役割を負うのは病院だとしても専門学校もそれをサポート出来なければなりません。

治療が終わっても患者さんの肉体的/精神的リハビリを行うのはやはり地元がふさわしい訳です。

同じ災禍を経験したものとして患者さんに寄り添って地域そのものを支えていく。

医療専門学校にはそういった役割がありますが、一方で離れた地方からの進学も積極的に受け入れています。

専門学校も競争にさらされているのでその学校にしかない特色/学科などを出していくことが望ましいでしょう。

◎医療系の専門学校に進学する

医療の専門学校で学ぶことはその資格の取得を目指した科目です。

それにはいろいろとありますが「自分は地域に密着した作業療法士になりたい」などの具体的な目標が必要でしょう。

そのような目標をはっきりさせた上で自分を高めてくれる授業を行っている医療専門学校を選んで進学しましょう。

Copyright © 医療の専門学校に進学してスペシャリストになる
医療専門学校への進学

Built on Notes Blog Core
Powered by WordPress