昨今の声優について

Last modified: 火曜日, 3. 12月 2013 - 12:01 PM


019688

昔の声優は実はアルバイトだったんです。

今でこそ一つの仕事として成り立っている声優がアルバイトだと言われても信じられない人が多いと思います。

もっと言うと、昔の声優は舞台役者がほとんどでした。

声優と括りはなく、舞台役者がアルバイトとして声優をやっていました。

今の声優を見るとすごいですよね。

声優を目指している人の数は2万人とも言われています。

実際に声優と呼べる人はその中の2千人。

その中で、声優だけでご飯を食べていけているにが一握りの100人程といわれています。

この数を聞いただけでも驚く人は驚きますよね。

声優に詳しい人は、有名どころがどのような人たちか分かると思います。

有名声優を目指すなら生半可な気持ちでは不可能です。

養成所や専門学校でちゃんと技術を磨く必要があります。


・声優専門学校、養成所

現在、声優を目指すのであれば、声優の専門学校や養成所に通うのがいいでしょう。

何の知識も技術もない人が急に声優になれる世の中ではありません。

一昔前であれば、一般のオーディションなども行われていましたが、昨今ではその様な風潮もなくなり、しっかりと勉強した人が声優として仕事をもらえるのが現在の声優業界です。

ですから、声優として活躍したいのであれば、積極的に専門学校や養成所に通いましょう。

声優事務所が運営している養成所のオーディションに合格しない限りどこでどれだけ勉強しても声優になれることはありません。


・マルチ化する声優

昔は、洋画などの映像に声を当てるのが声優の仕事でした。

しかし、その仕事の幅が、アニメの声当て、ナレーション、放送、ラジオと仕事の幅も広がっています。

有名な声優になればなるだけ引っ張りだことなります。

水樹菜々さんは歌手として有名ですよね。

紅白にまで出場しました。

山寺宏一さんは、テレビから映画の俳優としても活躍しています。

このように、声優は昨今では裏に隠れた演技だけではなく、表舞台でも活躍するようになってきました。


・声優一本で仕事をする

声優を目指している人の多くの人がアニメキャラクターの声優を志望しますが、それ一本に絞って仕事をすることが、ほぼ不可能です。

声優として仕事をしている人は極僅かの人です。

その中でも、アニメのキャラクターの声だけご飯を食べている人は少ないと思います。

実際、ラジオやナレーションやメディアへの露出や舞台など色々なことをしてお金を稼いでいます。

そんな中で、最初から仕事を絞っているようでは、声優として成長することはないでしょう。

声優は声で演技をしたり表現したりします。

最初の内は何でも仕事を受け入れるだけの思いでいないといけません。

その中で何かしらの縁や運があって次の仕事に繋がっていくのが声優業界というものです。

色々なことにチャレンジしていきましょう!

Comments are closed.